キレイ・デ・プラセンタ サプリメント

≫ 前半はこちら

当日、途中参加なども含めて10人くらいの同級生と先生で集まったのですが、
先生は誰が参加するかは聞いてなかったようです(笑)

成人式以来なので約7年ぶりの再会。
お会いした印象としては、当時より痩せた感じ(というか実際に痩せたらしい)はしましたが、お変りなく元気そうで何より!

 

改めてお話すると、私のこともずっと気にかけてくださってたようで
ありがたい反面、私の不登校については責任を感じてたようで
申し訳なかったなという気持ちと、もっと早くお話できたら良かったなと思いました。

 

もちろん不登校の原因は先生ではないし、
むしろ不登校という経験があったからこそ人の気持も分かるようになったし、
不登校で悩む子や親御さんの力になれたらと心理学に携わることができたし、
学歴ない分、実力で仕事していこうと頑張ることができたし、

トータルで見たら経験して良かったことだと今は思います。
…と、先生にもお伝えすることができました。

 

何年もずっと気になっていたことが、やっと言えたなーという感じです。
きちんと向き合って話をすることって大切ですね。

私の両親も先生にはとても感謝していて、会いたがっていたので
「今度は先生とうちの両親とお会いしましょう!」と約束しました^^

shizuoka01

↑2次会で撮った集合写真^^
モザイクかけたら怪しい写真になったので、LINEのブラウンで目隠し(*´艸`*)

この後もう1軒行って、帰宅したのは午前2時頃でした(笑)

********

今辛いことや嫌なことがあったとしても、
トータルで見たらそれはもしかするとラッキーで幸せなことなのかもしれないと
最近特に思います。

辛い瞬間に気づくことはなかなか難しいですが、
そういう心持ちでいると大抵のことは乗り越えられる気がします。
(実際自分はそれで今も何とかなってるしね。)

ああ、でも私はたくさんの人に迷惑をかけてきたこと、
たくさんの人に助けられたことは事実なので
それはどんな形であれ、恩返ししていきたいですね。

 

…おっと、うっかり真面目な内容になってしまった。

ちなみに心理学の理論でいうと
不登校になる原因はその瞬間だけではなくて、
実は生まれてからの環境が大きく関わってたりします。
(誤解の無いよう一応書いておくと、私の場合は家族みんな仲良しです。)

またこれについてはちゃんと書こうっと。