【アマン東京】贅沢すぎるアマンスイート宿泊記&朝食@大手町

【アマン東京】贅沢すぎるアマンスイート宿泊記&朝食@大手町

贅沢すぎる造りのアマン東京「アマンスイート」に宿泊

2014年12月22日に開業、大手町の地上33階に位置するアマン東京。
東京のラグジュアリーホテルといえば必ず名前が挙がります。
アマンとは、サンクリット語で「平和」を意味しているそう。

憧れのアマンに初めて行ってきました!

——–
≫一休で【アマン東京】のお得なプランを見る★
——–

ロビーは約30メートルの高い天井が圧巻!こちらでチェックインの手続きをします。

部屋に入ると二手に分かれていて、向かって右に進むとこの雰囲気。

建物の北西角に位置した素晴らしい眺望を持つ157平方メートルの客室。
独立したベッドルームとリビングルーム、さらにダイニングエリアとパントリーがあり、とにかく広い!
どこから撮っていいか分かりません。笑

大きな窓の外には東京タワーやレインボーブリッジも見えます。

ベッドルーム

ベッドはキングサイズ。
ところどころ畳の素材も使われていて、和の雰囲気もあります。

空間の使い方がとっても贅沢です。

窓際のテーブルやソファは、景色を見ながらゆったり過ごすことが出来ます。

ちょっとしたお菓子もあります。

冷蔵庫の中身も充実。

——–
≫一休で【アマン東京】のお得なプランを見る★
——–

バスルーム

洗面台は2つ。左手にトイレがあります。

ボディローションはたっぷり入っており、使い捨てではなさそうです。

歯ブラシやシェイバー、ヘアブラシ、ヘアバンドなど一通り用意されていました。
一休WEBサイトには、下記アメニティが記載されていました。

  • シャンプー・リンス
  • ボディソープ・石鹸
  • タオル・バスタオル
  • ハミガキセット
  • くし・ブラシ
  • シャワーキャップ
  • ドライヤー
  • 髭剃り
  • 入浴剤
  • 浴衣
  • バスローブ
  • スリッパ
  • 綿棒
  • コットン

浴室は石を基調にしており、日本伝統の深い浴槽が設置されています。

景色を見ながら湯船に浸かる…最高ですね。

——–
≫一休で【アマン東京】のお得なプランを見る★
——–

ダイニングスペース

部屋の入り口から左に進むと、ダイニングスペースが。
こんなにスペース使えない。笑

パントリーもあり、長期滞在しても快適そう(できないけど。笑)

とても嬉しいのが、お菓子が山田屋まんじゅうでした!
これ本当に美味しいんですよね…!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山田屋まんじゅう お試しセット6個入(3箱)
価格:2300円(税込、送料無料) (2022/2/4時点)

楽天で購入

 

ダイニングは木のぬくもりがメイン。シンプルでスタイリッシュ。

リビングスペース

ベッドルームにも似たようなスペースあったよね?と突っ込みたくなる、テーブルとソファなどがあるリビング。

夜はここでお酒を飲んだら、とっても幸せな気分になれました!

ワーキングスペース

リビングルームの横には、個室のワーキングスペースもあり仕事にも集中できそう。

更に右の扉を開けるとトイレ②がありました。

——–
≫一休で【アマン東京】のお得なプランを見る★
——–

ダイニングスペースでいただく朝食

朝食もいただきました。さまざまなメニューから自分の好みで選ぶことができます。

美しくセッティングされたテーブル。

エッグベネディクト

ほうれん草、ハムとポーチドエッグが乗ったエッグベネディクトを。

オランデーズソースをたっぷりかけ、玉子を割ると、たまらないビジュアル!
もちろん美味しい!

マッシュポテトとお野菜もつきます。

スモークサーモン、アボカド

サイドも自分好みで。
スモークサーモンとアボカドにしました。

スムージー

ラズベリー系の甘酸っぱいスムージー。

パン

パンも種類が豊富で、さすがに全部食べられない…!っていうボリュームです。

ジャムやはちみつもあります。

フルーツ、ヨーグルト

ヨーグルトとフルーツも。盛りだくさん!

東京の街を眺めながらの朝食は本当に素晴らしいの一言。
非日常すぎてずっと居たい…!

まとめ

お部屋のレベル、スタッフさんの対応など他のホテルとは別格に良かったです。
朝食もバリエーション豊かで、どれも美味しかったです。
おかげさまで素晴らしい特別な時間を過ごすことができました!

——–
≫一休で【アマン東京】のお得なプランを見る★
——–

アマン東京

アマン東京

関連ランキング:その他 | 大手町駅東京駅二重橋前駅

ホテル・旅館カテゴリの最新記事