驚異のコスパとシェフの技術が光る「窯焼き割烹 黒泉」@松戸

驚異のコスパとシェフの技術が光る「窯焼き割烹 黒泉」@松戸

“松戸の奇跡”と呼ばれる窯焼き割烹 黒泉

オープン当初からコスパが凄いと話題になり、瞬く間に予約困難店となった「窯焼き割烹 黒泉」。
千葉・松戸のなんの変哲もないスーパーの奥に広がるスタイリッシュな空間です。

コースはなんと5,000円という破格

まず食材の紹介をしていただくのですが、こんな豪華な食材が使われてたったの5,000円でいいの!?とオロオロしてしまうラインナップ。
通常だと2〜3万円のコースらしいのですが、知っていただきたいという思いからこの価格になったそう。

和牛の他に鱧や甘鯛、キャビアも。

野菜たち。旬の松茸もあります!

ドリンクはペアリングもありましたが、そんなに量が飲めないのでグラスの白ワインを。

目の前で作られていく料理。
カウンターテーブルと調理台がほぼ同じ高さなので、本当にすぐ近くで見ることができます。

黒毛和牛の先付け3種

カブリの湯引き。
こちらは塩昆布でいただきます。

ヒレの炙り。山葵と醤油でいただきます。

カメノコのローストビースは、甘みのあるトマトとベーコンの特製ソースで。

イチボの柔らか煮

中には石川芋とフカヒレが入っていて、旨みたっぷり!

黒毛和牛タンの炉釜焼き

京都の万願寺唐辛子、かぼす、山わさびを添えて。

炉窯で焼くので、火入れが素晴らしいです。やわらかく程よい食感。
山わさびも爽やか。

タン中と甘鯛のお椀

具だくさんで嬉しいお椀。マグロで出汁をとっています。
長崎の甘鯛はとってもやわらかで繊細。

タン中は食感が楽しめます。
蕪、いんげん、あわび茸にバチコも入っています。

トモサンカクの肉寿司

目の前で北海道の馬糞雲丹とイタリアのキャビアを載せていきます。

一口でパクっといただきます。

お肉がとってもやわらか!とろけます。
シャリには毛蟹が入っていて、サーフアンドターフの相性の良さを感じられる一品。

黒毛和牛の炉釜焼き

左が北海道あずま牛のサーロイン、右は秋田牛のテートとシャトーブリアン。

サーロインは脂の甘さが良い感じ。

テートは赤身の美味しさがしっかりと出ています。

シャトーブリアンはやわらか。
3部位も食べ比べできるのは嬉しいです。

毛蟹の土佐酢ジュレ

お口直しにさっぱりとした一品。
壬生菜の湯葉巻きにアメーラトマト。土佐酢のジュレがさっぱりとまとめてくれます。

鱧とサーロインのしゃぶしゃぶ

天草の鱧が入った鍋。

これに、サーロインをしゃぶしゃぶしていきます。

さっとピンク色になるまで。
お肉はもちろんのこと、出汁はしっかり味が付いており、これだけ延々と飲めるくらい美味しいです。

サーロインのすき焼き オータムトリュフ

まず出てきたのはお肉と卵黄。

これにトリュフをこれでもか!とかけてくれます。めっちゃ散らかる。笑

次にお皿の周りのトリュフを中に入れ、箸でお肉を持って卵黄が泡立つまで混ぜると、トリュフの香り豊かな贅沢すき焼きの完成!
幸せすぎます!!

残ったタレにご飯を投入。
混ぜるとトリュフTKGに。美味しすぎるー。

松茸とカマスのご飯

香ばしく焼かれた松茸とカマスがたっぷり載ったご飯が登場!

〆の食事も種類がたくさん。
(左手前のは先程のしゃぶしゃぶの出汁の余りです…美味しくてずっと飲んでた。笑)

先程の松茸&カマスご飯。上品な味付けで美味しい!

牛の時雨煮。
甘すぎない味付けでお肉の美味しさがたっぷり。

厨房でなにか揚げてるなーと思ってたら、なんと松茸でした!

小松菜のお浸しにも松茸が入ってます。松茸三昧!

プリン・フルーツ

デザートまで手を抜きません。
フルーツは福島の秋月梨と静岡の次郎柿。

プリンは那須高原の極みたまごを使用。とてもなめらか!

コース料理+白ワイン1杯、全て込みこみでお会計7,000円ほど。
信じられない値段です!

さまざまな豪華食材を使っているのはもちろんですが、それを美味しく調理する技術の素晴らしさを感じました!
割烹としてのレベルもとても高いです。

残念ながら、今月末でこちらのお店はClose…。
スタッフは中勢以に移動するらしいので、こちらのお店にも伺ってみたいです。

店舗情報

 

窯焼き割烹 黒泉

関連ランキング:焼肉 | 松戸駅

千葉カテゴリの最新記事