唯一無二の会員制【鮓 ふじなが】で進化した絶品の鮨@麻布十番

唯一無二の会員制【鮓 ふじなが】で進化した絶品の鮨@麻布十番

こだわり抜いた最高峰の寿司がいただける 鮓 ふじなが

麻布十番にある会員制の鮨屋。
会員さんの代理予約で伺わせていただきました。

お通しから絶品

ありがたいことに大将が握る目の前の席に座らせてもらえました。
すでにセットされているお通しとガリ。

白子や太刀魚の南蛮漬けなど。

特に自家製の唐墨が大ぶりでとてもやわらかく美味でした。

ガリは2種類。

お通しを見たらビールが飲みたくなってしまいました!

名刺代わりの本鮪

190kgの本鮪と大将。
最初は緊張気味の私でしたが、大将が写真を撮らせてくれたりいろいろ説明をしてくれたり、とっても親切ですぐに和みました。

この鮪、50回もの切り込みを入れていて繊維はピンセットで取り除くという、手の込んだもの。

これが握りになると、とても美しい。
これ以降何回も書きますが、今まで経験したことのない食感です。
シャリとの間には大トロのたたきが挟んでおり、とろけます…1貫目から衝撃。

茶碗蒸し

鶏ガラ10kg、スッポン6kgのエキスが凝縮された茶碗蒸し。

中にはノドグロと百合根。贅沢です。

やっぱり日本酒ですよね…

酢〆にした鰯。脂がしっかりのっています。

せいこ蟹

外子と内子、それに身がたっぷり。ぷちぷちで甘い!

鰤フィーユ

1mmの厚さにスライスしたものを4枚重ねた“鰤フィーユ”。
なめらか!口当たりを邪魔するものが一切ありません。

鮑の肝ソース

ふじながさんの肝ソースは、見た目からして他店と全く違います。
身の分の鮑以上に肝を使った、超濃厚ソースです。

贅沢すぎる…欲を言えばソースが余るので、シャリを入れてほしかったなぁ。
もしくはスプーンで残らずソースを食べ尽くしたかったです!残すのがもったいない!

ノドグロ

昆布締めにしたノドグロの皮目をクリスピー化。

これを握りにしてしまいます!
さっくさくの表面とジューシーな身がたまりません。

全体的に味付けは濃い目なので、ついお酒が進んでしまいます。
とっても素敵なお猪口。

虎河豚唐揚げ

シンプルな醤油ベースの味付け。
衣はカリッと、身はしっとり虎河豚の味が濃く、食べごたえがあります。

こちらも薄くスライスしたものが重なっています。
見た目で分かると思うのですが、繊維が一切ありません…口に入れた瞬間のとろける食感は初めて。
鰹の臭みも無く、目を瞑ったら鰹だと答えられないかもしれません…おいしー!!

カワハギ

ソースはカワハギの肝と虎河豚の白子を焼いたものを合わせています。
これが衝撃のねっとり感。カワハギってこんなにねっとりするものなの?甘さも感じます。
ソースも濃厚でクリーミー。これ、もう一度食べたい…。

いくら、白海老、帆立、雲丹の丼

4種類も…たまらない丼!
写真だと見えませんが、シャリには海苔を粒子化したものを。粒子化することにより咀嚼すると一緒に消えていき、風味が拡散するとのこと。

この器、カラフルで可愛い!

甘鯛 鱗焼き

パリパリふんわりの鱗焼き。
お出しはしじみ、鰹、キンキを使っていて、なまこの卵巣も入っています。

牡丹海老

3日熟成。プリプリあまあまねっとり。
プリプリとねっとりが絶妙に味わえる熟成具合。口いっぱいに牡丹海老の甘みが広がります。

とろたくキャビアのせ

醤油は使わず、穴子の煮詰めがはいっているとろたく。
塩味はキャビアで、海苔の存在感が素晴らしいです。
それにしても大将の手がとてもキメ細やかでもっちり、羨ましいくらいです。

冷茶を頼んだら、抹茶の濃いお茶が出てきました。こういうタイプの冷茶が大好きで嬉しいです。

鰻の蒲焼き

焼きは関西、味は関東の鰻。

しっかりとした味わい。美味しいなぁ。

赤身漬け

こちらも細かく包丁がはいっています。
やはり口あたりなめらか、ほわっと香りの良い赤身です。

雲丹

美しい雲丹の箱。

写真では伝わらないくらい、大きく雲丹をカットした握りを手渡しで。
10人でほぼ1箱使い切ってしまうくらいの贅沢さ。口の中が雲丹の甘みでいっぱい!

お椀

最後は旨みが凝縮された、ガツンとした旨みのお椀。

大将の研究熱心さが表れた、他では食べられない鮨。
ネタを「再構築」というワードを何回かお聞きしたのですが、まさに!という感じ。
鮨ってこんなに幅広く奥深いものだったんだな、と認識させられました。

会員制でなかなか行く機会がありませんが、また行けるチャンスがあれば味わいたいです…!

店舗情報

鮓 ふじなが

関連ランキング:寿司 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

六本木・麻布カテゴリの最新記事