【aca 1°(アカ)】枠にとらわれない洗練されたスペイン料理@ 三越前

【aca 1°(アカ)】枠にとらわれない洗練されたスペイン料理@ 三越前

グルメな人なら一度は行きたいスペイン料理の名店 aca 1°(アカ)

京都の名店からaca 1°(アカ)が東京・三越前に移転。
グルメな人なら一度は行きたい!と切望するスペイン料理です。

二部制になっており、私は二部スタート。
前のお客さんが押していたせいか時間になっても扉は開くことなく、、約20分遅れでスタート。寒かった…。笑

食材を活かしたおまかせコース

料理はおまかせコース25,000円(税・サ別)のみ。
乾杯はカバ(ヴィソル メストレス)で。

海藻のフリットとキャビア

スペイン南部アンダルシア地方の料理だそうで、アオサのような海藻と、紫人参をフリットにし、クリームチーズとキャビアをたっぷり乗せたフィンガーフード。
サクッと軽く香ばしく、香りがとても良いです。キャビアが贅沢!

小肌とトマトパンのボカディージョ

サンドイッチのような一品。
下から大葉、トマトを練り込んだパン、ビネガーでマリネした小肌。

大葉でくるっと巻いていただきます。酸味が素晴らしく、爽やかです。

河豚のアドボの炭火焼き

河豚をワインビネガーとパプリカで作ったマリネ液に漬け込み、炭火で焼いたもの。
上には同じく炭火焼きにした菜の花とウルイ。
ぷりんとした食感の良い河豚です。

牛肉トマト煮込みのエンパナーダ

ガリシア地方の料理。
見た目は春巻きですが、ザクッとした生地の中からは濃厚で旨みたっぷりの牛肉トマト煮込みが。
木の芽のアクセントも絶妙です。

前半のパエリア:穴子

サングリアで炊き、甘みのあるパエリア。
穴子のパエリアは初めてですが、ふわっとした甘みのある身がとてもよく合います。

雲子と車海老のアヒージョ

熱々のアヒージョ。鱈白子と車海老が入っています。
これがとっても美味しい♪白子を潰しながら食べてもクリーミー。

ライ麦パンをつけても絶品です。幸せ。

聖護院大根のカルド・ガジェゴ

生ハムで出汁をとったやさしいスープ。
お口の中をさっぱりとリセットさせてくれます。

2杯目はベロンドラーデ・イ・リュルトン。

金目鯛の炭火焼き

菊芋のピュレが乗った、焼き加減はほんのりレアな金目鯛。
身がしっとりやわらかく、皮は香ばしいです。

薪焼きヒレステーキ

焼く前のお肉を見せていただきました。

これを薪で焼き上げていきます。

京都・堀川牛蒡のピューレとペコロスとともに。

美しい断面…惚れ惚れします。
スモーキーな香りとしっとりなめらかな舌触り。

松葉蟹のパエリア

SNSではおなじみ、東シェフがパエリアをオープン!
動画やら写真やらで大忙しです。笑

贅沢に松葉蟹を使ったパエリア。

目の前で東シェフが取り分けてくれます。

蟹の旨みがとっても濃厚で、たまりません…!
欲を言えば空腹の時に食べたかった!(結構お腹いっぱい)

レモンを絞ったり、アイオリソースをつけても美味。至福です。

小さなキウイ

料理はこれで終わり。デザートの前に小さくとっても甘いキウイを。

安納芋と山羊のミルクジェラート

薪の下に2時間置きじっくりと火を通した安納芋と、山羊のミルクジェラート。
安納芋の甘さと、ジェラートのスッキリ濃厚なミルキー感はたまりません。

アマゾンカカオの生チョコ

林檎チップを添えたアマゾンカカオの生チョコ。クランブルと一緒に。

ハーブティーでほっこり。

重厚感と高級感のある内装と、ホスピタリティ溢れる接客は素晴らしかったです。
また季節を変えて伺いたいです。

予約方法

OMAKASEサイトより受付。毎月1日12:00に予約開放。
https://omakase.in/ja/r/ac366431

店舗情報

アカ

関連ランキング:スペイン料理 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

その他異国料理カテゴリの最新記事