一工夫が楽しいつまみと旨い握り。コスパに驚く「赤坂 鮨 ふる山」@六本木一丁目

一工夫が楽しいつまみと旨い握り。コスパに驚く「赤坂 鮨 ふる山」@六本木一丁目

お値段はリーズナブル、味は◎な隠れ家 赤坂 鮨 ふる山

六本木一丁目駅、溜池山王駅からそれぞれ5分ほど歩いたところにある「赤坂 鮨 ふる山」。
カウンター8席のお店です。
今回は1人で伺ったのですが、温かく迎えてくださいました!

日本酒なども豊富にあるようですが、1人だと飲まないので烏龍茶をいただきました。

つまみから始まるおまかせコースは12,000円

つまみ10品、握り10貫と小丼の構成で12,000円。
赤坂という立地を考えるとかなりリーズナブルな価格設定です。
15,000円のコースもあるようです。

先付 根菜の金平、粟麩フォアグラ味噌田楽

まずは先付が2品。

シャキシャキの蓮根とヤーコンの金平。

もっちりとした生麩の食感と、フォアグラがふわっと香る味噌田楽。

温菜 海老のスープ蒸しビスクあん

海老の頭と野菜で出汁をとった海老のスープ蒸しビスクあん。

海老の香りがとっても豊かです!
洋風っぽいですが濃厚すぎず、コース全体とのバランスも良いです。

刺身 平目

青森の平目。

合わせるのは、余市のあん肝ポン酢。
あん肝のコクが平目とよく合います。これは美味しい!!

残ったタレにはシャリを入れ、混ぜて食べるとそれはもう幸せ。

刺身 つぶ貝

コリッコリの食感が良いつぶ貝。

上にかかっているのはイタリアの塩。

旬の逸品 揚げ白子 白菜 塩辛ソース

塩辛ソースとのことですが、塩辛感はかなりマイルドで旨みが上手に引き出されています。
さくさくトロトロの白子のフリットの下にはコンソメで炊いた白菜。
一緒に食べると贅沢なシチューのような一品です。

名物 鰯棒寿司

手渡しされる鰯の棒寿司。
こちらの定番だそう。

鰯の旨みが強く、大葉が爽やかさを感じさせてくれます。1本丸ごと食べられそう。笑

珍味 明太一夜干し、いぶりがっこクリームチーズ

クリームチーズをいぶりがっこで巻いたものと、明太子を一夜干しにして唐墨大根のようにしたもの。
思わず日本酒が飲みたくなる2品です。

焼物 銀鱈西京焼

大好きな銀鱈の西京焼き。

熱々、脂がしっかりのっていてやわらか。美味しいなぁ…。
柚子の香りも上品です。

合肴 目光卸しポン酢

メヒカリを揚げておろしポン酢とともに。頭から丸ごといただけます。
外はカリッと、身はふわっふわ。

小丼 鮑、いくら、雲丹

握りの前に小丼。
シャリと雲丹を混ぜ、柔らかく煮た鮑の上にかけて、更に目の前でいくらをたっぷりかけてくれます。

鮑も大きくカットされていて、なんとも贅沢な小丼。
どれも素材の味がしっかりとしているので、本当に美味しい。

後半は握り

ここから握りが始まります。

大将が目の前で握る姿を見るのは、やっぱり楽しい!

金目鯛

一貫目はさらりと食べられる金目鯛。

スミイカ

適度な歯ごたえと甘みが感じられます。

小肌

ふる山さんは身を上にして握るタイプ。
千枚蕪との相性も良く、ソフトな舌当たりで美味しいです。酸味が良いですね。

繊維をまったく感じない驚きのやわらかさ!
鮪自体の味も濃くて、もう3貫くらい食べたかったです。笑

トロ

筋っぽいかも、と出されましたが、包丁がしっかりと入れられているので言われるほど気になりませんでした。
とろける脂を十分に楽しめます。

赤貝

赤貝って好物なんですが、お店によって小さかったりやわらかすぎたりするのが残念で…でもこの赤貝は大ぶりで食感が良く、かなり好き。

旨みの強い鯵。食べごたえがあります。

富山 白海老

透き通るような姿と甘み。

トロたく

沢庵の存在感が強めのトロたく。食感が楽しいです。

香箱蟹

旬ですね〜。
身の旨みとプチプチ感がたまらない、いつまでも咀嚼していたい握りです。

穴子

握りラストは穴子。
ふわっと、全体的に味が濃いめです。

お椀

とろろ昆布が入ったお椀で〆。
ほっこり落ち着きます。

▲カメラ目線をくれるお茶目で気さくな大将!

つまみも握りもたくさん出てきて、かなり満足。
お腹いっぱいになりすぎない、丁度良いボリュームでした。

質を考えても、12,000円は安くてびっくり。また伺いたいと思います!

店舗情報

赤坂 鮨 ふる山

関連ランキング:寿司 | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅

寿司カテゴリの最新記事