上海蟹を心ゆくまで堪能できる「Wakiya 一笑美茶樓」で食材研究会@赤坂

上海蟹を心ゆくまで堪能できる「Wakiya 一笑美茶樓」で食材研究会@赤坂

定期的に開催されるWakiyaの食材研究会

Wakiya 一笑美茶樓」ではアイアンシェフでおなじみの、脇屋友詞シェフによる「食材研究会」が定期的に開催されます。
11月は上海蟹がテーマ。
オスとメスの食べ比べができるとのことで参加しました。
食材研究会、といっても普通にコース料理を楽しむだけで難しいことは一切ありません。

今回はこのようなメニュー構成です。
上海蟹だけでなく、さまざまな食材と料理が出てきます。

まずはシャンパンで乾杯。

イカ墨のチャイナアヒージョ 自家製蒸しパン

クリスマスっぽい飾り付けの中華風アヒージョ。

イカ墨で黒いソース。味はどこかパルメザンチーズっぽいコクもあります。
具は鮑、烏賊、椎茸など。

ふわっふわの蒸しパンとの相性が最高です。

上海蟹の味噌がたっぷり熱々小籠包

大きめの小籠包。
下に薄くスライスされた大根が敷かれているので、それごとレンゲに取ると皮が破れません。

熱々で濃厚なスープがジュワーっと出てきます。
旨みが濃くて、あと10個くらい食べたいです。

酔っぱらい蟹

大好きな酔っぱらい蟹!

身をしゃぶると、コクのある甘さと香りが豊か。

もうトロントロンです。黙々と食べ続けてしまいます…。

ここで今日使用する食材を見せていただきました。
豪華です!

海老芋とポルチーニ香り、白子の煎り焼き

白子は衣を付けてカリッと、中はクリーミーです。

ホクホクの海老芋とポルチーニの香りが絶妙。

極上!上海蟹の♂♀食べ比べ

左がオス、右がメス。

一人でこんなに上海蟹を食べられるとは幸せ。

メスは内子と蟹味噌が濃厚です。
2種類のタレ(蟹酢)もあったのですが、タレが勝ってしまい蟹との相性はあんまり良くない気がしました。
紹興酒のためにもらったレモンを絞ったのが1番美味しかったかな。笑

北海道釣りキンキの豆腐と泡辣醤油煮込み

見た目からご飯との相性がバッチリであろうこの一品。
ピリ辛で濃ゆい味付け、香りはやはり中華。パクチーが合います。

豆腐に味がしっかり染み込んでいて絶品でした。

やっぱり白米と一緒に食べるのが良いですね。

高知県産生姜の根の白湯煮込み麺

揚げて炒め、醤油で味付けした生姜の根が載った白湯麺。
これが香ばしくて良いアクセントになっています。

旨みたっぷりのスープが絡んだ麺は美味。

豆乳担々麺

ここで〆がまだいただけるとのことで、豆乳担々麺と辛い担々麺を。

豆乳担々麺はコクがありまろかや。延々と飲んでいたいスープです。

辛い担々麺

見た目からして辛そうですが、激辛ではない良い辛さ。

麻辣が効いていて、クセになりそうです。

生姜の香り黒胡麻の白玉団子

あたたかいデザート。

スープは生姜が効いていて、蟹で冷えた身体を温めてくれるとのこと。(とはいえ担々麺を食べてるのでそんなに冷えてなかったけど。笑)
お団子が入っているのですが、中は黒胡麻が。
もちもちでジャリジャリの食感が面白いです。

脇屋が厳選した中国茶の味と香り

ポットでたっぷりとお茶をいただけます。ほっと落ち着きます。

こんなに上海蟹をいただける機会はなかなか無いので、満足です。
胃もたれせず、〆もたくさんでお腹いっぱいでした!

店舗情報

ワキヤ 一笑美茶樓

関連ランキング:上海料理 | 赤坂駅六本木一丁目駅溜池山王駅

中華カテゴリの最新記事